ニキビの出来やすい肌と対策

どうしてもニキビが出やすい人はいると思います。
私もそうですが、同じ生活をしていても肌トラブルひとつしないで美肌を保っている人を横目に、自分のすぐにニキビが出来る肌が嫌になった人も多いでしょう。

ニキビに苛つくことが、かえってストレスになってニキビが増えることにもなりかねないので、前向きに対策をしていきましょう。まずは自分のニキビの原因が何かを考えることです。

刺激物や脂もの、甘いものなどをたくさん食べたりしませんでしたか。
肌が脂っぽくなり毛穴が塞がってしまうことで炎症を起こし、ニキビの元になることがあります。

そうした場合には暫く食生活に注意して、ビタミンやミネラルをたくさん含んだ野菜を中心にして、胃腸に負担をかけないために腹八分目の量をゆっくり噛んで食べるようにします。

また便秘をしていると肌トラブルに繋がりやすいので、便秘は出来るだけしないようにしたいものです。

こまめに白湯を飲んだり、腸内環境を改善するヨーグルトや納豆、チーズなど発酵食品や、食物繊維の多い野菜や海草、蒟蒻などを食事に意識して取り入れるのもおすすめします。

ビタミン類も多く摂りたいですが、カロリーが気になる人はサプリメントを利用するのもいいかもしれません。
普段のスキンケアでニキビの出来ない肌を作るには、保湿ケアが基本です。

今は様々な化粧品があって肌に良いと聞くと色々試してみたくなってしまいますが、どんなアイテムを使うにしてもそれを受け入れる肌の状態が悪いと効果も出辛いものです。

まずは肌の基礎体力を付けて、正常なターンオーバーを促すために保湿に力を入れてみてください。
保湿といっても配合された成分は様々なので、自分の肌質に合った成分を見つけるのが重要です。

肌の状態が良くなり基礎体力が付くと、外部からの刺激の影響も受け辛くなりニキビも出辛くなります。
出来てしまったニキビには刺激せずに、ビタミンC誘導体の化粧水を使ったりすることで早めの回復が出来ることもありますが、あまり酷い時には跡を残さずに治すためにも皮膚科に行くのをおすすめします。